長崎県水泳競技優秀選手強化対策大綱

1 目的
  本県水泳のレベルを長期的展望のもとに強化選手を指定し、現状に即した強化対策を講じ、
  選手の資質や記録の向上を図り、全国レベルに達する選手を育成する。
 
2 強化選手・強化コーチの指定
  ① 強化選手
    ア 特別強化選手(日本水泳連盟の強化選手)
    イ 国体強化選手(国体の標準記録突破者〕
    ウ 国体候補選手(県指定記録突破者)
    エ ジュニア強化選手(県指定記録、各学年区分突破者)
    オ ジュニアユース選抜(各クラブ指導者推薦を受け競泳委員会で決定)
    ※ 強化選手は、4月~3月の公認大会(長水路)で選出し、次年度1年間を強化指定選手とする。
      但し、国体強化選手については随時追加する。
  ② 強化コーチ
    ア 国体強化選手及び国体候補選手の所属から国体強化コーチを選出する。
    イ ジュニア強化選手の所属からジュニア強化コーチを選出する。
 
3 事業計画
  ① 競泳委員会を中心に強化大綱に沿って強化計画を立案する。
  ② 強化事業は4月より翌年の3月までとする。
  ③ 強化事業は、強化合宿・合同練習・遠征試合・招待試合・指導者研修会等を行う。
  ④ 各郡市においても本大綱に準じて、地区別強化事業を行う。
    但し競泳委員会と綿密な打ち合わせをして行う。
 
4 経費
  ① 強化事業の経費は、補助金・寄付・連盟収入及び、一部は個人負担とする。
  ② 強化期間に下記の経費を補助する。(一部交通費は自己負担)
    ア 特別強化選手   全額宿泊費連盟負担
    イ 国体強化選手   全額宿泊費連盟負担
    ウ 国体候補選手   全額宿泊費連盟負担
    エ ジュニア強化選手 ジュニアユース 半額宿泊費連盟負担
    オ 海外での合宿・遠征については、別途考慮する。 
           
    別表参照 国体推薦記録
         国体候補選手標準記録
         ジュニア強化選手
   (注)水球・シンクロの強化指定選手も、優秀選手強化対策大綱の基準に準ずる。
    ※  主催者(県体協)による、補助事業・主管事業等で補助規定がある場合はその規定に準ずる。

 

ファイル名
平成30年度 強化選手標準記録(61KB)
平成29年度 長崎県水泳連盟強化指定選手(118KB)
平成29年度 長崎県水泳連盟強化コーチ(108KB)

平成29年度~強化選手アクションプラン

アクションプラン 

 1 強化目標
   平成32年度東京オリンピック選手輩出
   ①30年度までにナショナル標準記録突破選手輩出
   ②30年度までに日本選手権、JAPAN OPEN標準記録突破選手輩出
   ③毎年国体、インターハイ、全中、JO標準記録突破選手拡大
   ④上記全国大会入賞者の拡大
 
 2 強化具体策 Ⅰ
   ①小5~高2の一貫指導体制を構築する。
   ②年間計画を作成し、数度の県内合宿及び県外合宿を行う。
   ③強化選手内からナショナル記録比率に応じて選抜選手団を構成し、県外遠征を行う。(年2~3大会)
   ④県水泳連盟指定のキャップ(予算に応じてユニフォーム)を規定にそって支給する。
   ⑤上記に応じた予算を理事会で承認してもらう。県水泳連盟理事会にて決定。
   ⑥各郡市連盟、高体連、中体連、及びSC協と連携する。
   ⑦指導者招聘事業、及び県内指導者の指導レベルアップ事業の開催
   ⑧本県出身のふるさと選手との連携
 
 3 強化具体策 Ⅱ
   ①強化選手への6月までの長水路大会での全国大会標準記録突破への意識付け。
   ②上記選手が7月の指定大会で各区分全国大会入賞ライン記録突破の意識付け。
   ③上記選手の8月~9月の全国大会での入賞への意識付け、及び強化練習、合宿の開催。
   ④競泳委員会で上記情報を収集し、強化選手及び強化コーチへ情報提供。

ページのトップへ arrow_03